子どものこころ診療部セミナー「学習障害を持つ子どもの理解と支援」

イベント

令和4年5月21日に恒例の信州大学子どものこころ診療部セミナー(2022年春)を開催します。
今回は、皆様からの要望の多かった「学習障害」をテーマに企画しました。

テーマ:「学習障害をもつ子どもの理解と支援」

講師:  高橋知音先生(信州大学学術研究院(教育学系) 教授)
日時:2022年5月21日 10:00〜12:00
会場:信州大学医学部附属病院外来棟4F大会議室(会場は先着50名様)
         (オンライン参加、見逃し配信もあります)
対象:どなたでもお申し込みいただけます
参加:無料

長野県で新型コロナ流行状況により、病院会議室が使用不可能な場合は決まり次第、開場参加申し込み者にメールで連絡さしあげます。



長野県でも学習障害の理想の支援フローが作成され、学校と特別支援、医療の支援の役割分担などについての体制整備がすすんでいます。

子どもたちの学びたいという期待に応え、がっかりさせないために、そして学習面での困り感に寄り添うために我々はどのように考えてどう動けばよいのでしょうか。

今回はこの領域を専門とされる信州大学大学院の高橋知音(ともね)先生を講師にお招きし、学習障害の基本と長野県での現状と今後についてお聞きします。
後半は皆様にお寄せいただいた質問をもとにした本田秀夫先生と高橋知音先生の対談を予定しております。
コロナ禍は続いておりますが、対面で参加し講師陣との交流や意見交換を希望される方は、お申し込みいただき(先着50名)感染対策の上、会場におこしください。(会場9:30〜)

(コロナの流行状況によっては直前でオンラインのみの開催となる可能性もございます。その場合は5月14日に本ページでご案内します。)

オンラインでの参加、見逃し配信もありますので、ぜひご参加ください。
またよろしければチラシの掲示、広報にもご協力ください。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました